小売店のインターネット お肉屋さん

今回は小売店 お肉屋さんお話です。
お肉屋さんとネット 一見無理な感じがいたしますが
やっているところはやっています。
ホームページを作ってネットで販売するのに
あまり経費は、かかりませんから
場合によっては支店を出すより効果があることがあります。

お肉は 生ものだから無理だよー
こんな声が聞こえてきそうですが
ハムやソーセージの詰め合わせは宅配便に載せられますし
自家製の焼豚や揚げる前のコロッケ。肉団子・餃子なども商品になるようです。
(真空パック機などの技術的な問題は当事者の方が詳しいでしょうから省きます。)

安さで競争しても大きなところには、かないませんから
独自のブランドを作って高品質 高価格で勝負します。
ミートショップ○○がお勧めする今月の詰め合せ
山百合ポークの右側肩ロースの焼き豚・・・こんな感じです


”そんなこといったって売れないよ”
その商店街で長く商売をやっている人ほど、そう思いますよね
自分のお肉やさんの店前通行量はどれくらいで
来店客数はこれくらい、そのうち高級品を買うのは2−3人
すぐ頭に浮かんで、新しいアイデアにNOを出すのに時間がかかりません。

しかしある意味、商売は数字の世界ですから
店前通行量×顧客の割合×高級品購入率
こんな具合にかんがえますね。

この店前通行量が100倍にも1000倍にもなったらどうしますか

高級品購入者も同じ割りあいで増えますね。
それがネットにお店を出すということなんです。
楽天などのネットショップに出店しているところで
8桁の売り上げを上げているところも珍しくないんです。
(ただしシステム料がかなりかかりますが・・・)

地盤沈下している商店街を見てため息をつくよりも
ホームページを自作して日本中に自信作を売ってみませんか
焼き豚の美味しいレシピを英語(自動翻訳で)で作って
世界中に教えてあげることなんかもネットでは可能なんです。

自分の商売を通じて世界中とつながっている実感
これがあなたに自信と笑顔を取り戻させ
店頭に来てくださるお客様にもフィードバックされていきます。
小売店の復活はホームページの自作から始まると断言できます。



下記は宣伝ですから興味ない人はクリックしないでくださいね。

独立起業・情報起業するならこちらから
八百屋さん・魚屋さん・小売店の日本一簡単なインターネット・情報起業の仕組み』
posted by jin at 10:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 簡単 ネット 
この記事へのコメント
プリンタのインクって高いと思いませんか?
プリンタのインクカートリッジの安いところを探していたところ、すごく安い店を見つけました。Canonのプリンターのカートリッジが550円〜、epsonのカートリッジは630円〜で売っていて激安でした、互換インクなのですが、実際買ってみたところ全く問題なく、とても得した気
http://enjoylife.xsrv.jp/link/?ink
Posted by まちこのおすすめリンク at 2007年04月17日 10:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39003394

この記事へのトラックバック