消費税のせいで小売店が危ない

八百屋さんなどの小売店が不振になり、うまくいかなくなると
経営者が年配だと、まず経費の節減を始めます。
従業員を減らし、結果家族だけの経営かパパママ経営になります。
経費を成約するのですから、宣伝もしない看板も直さなくなります。
結果、ますます売り上げは下がり続けます。
そろそろ廃業しようか・・・・などと考えます。

しかし経営者が若い場合はそうはいきません。
子供が大きくなり、学費の心配がふえ
嫁さんは、家を買えだの、洗濯機を買い換えろ
もっと稼げと迫ります。
まじめにやっている経営者ほど毎日の売り上げの心配から
売り上げが減少し始めると、お店にいられません。
昼は青年会議所、夜は商店街の会合か居酒屋
現場を何とかしなければと思いながら
現場にいられません。(そうそうとうなずいている人、いますね)

必死な経営者は、
本を読みあさり、
雑誌の講読(ダイヤモンドや日経ビジネスなどの大売店用)
セミナーへの出席、(メンタルな問題ばっかり扱うセミナーにうんざり)
コンサルタントの依頼 (大体この人種は怪しいのばっかり)
広告会社との打ち合わせ。(何でこんなに高いのー)
パソコンの勉強、ブログを作ってみる(さっぱりアクセスなし)
やれることはすべてやっても売り上げは上がりません。
本当にグラフは微動だにしません。

そのころには嫁さんの頭にはツノが生えていますし
飲んで帰ってきていらいらしているあなたに
子供もよってきません。
家庭崩壊も目の前です。
実際こんな時期に、子供の学校での問題や、親の介護の問題なんかが起きます。
あー 何のために仕事をしているのか?
何の為に生きているのか・・・・・・・・・・・・・・・・・


あなたのすべの悩みの根源は”売り上げ ”だと認めましょう
仕事がうまくいくと、あなたは自信を取り戻し
嫁さんニコニコ、
子供も元気で明るく
親のケアーもしっかり出来て
それこそがあなたの望んだ人生ではないですか?

その売り上げを持ってきてくれるのは
旧態の宣伝形式。チラシやパンフレットなどではなく
どうやらインターネットからだと
成功している小売店は知っています。

パソコンもわからない、メールも打てない
そんな人でも、インターネットの世界は
知らないでは食べていけない時代なのです。


独立起業・情報起業するならこちらから
八百屋さん・魚屋さん・小売店の日本一簡単なインターネット・情報起業の仕組み』


posted by jin at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単 ネット 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。